MailStore Home 覚書

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

MailStore Homeで自動でバックアップを取る方法がわからなかったので半自動で実行するようにしました。

MailStore Homeをインストールして起動。

「Eメールのアーカイブ」をクリックして、Gmailの場合には、「高度な」をクリックして「Gmail」を選択。表示されたウィンドウで必要情報を入力して「テスト」をクリック。「次へ」
mailstore

「終了」
mailstore2

MailStoreを一度終了して「MailStore Home」の「データディレクトリの選択」で保存先を設定。
もう一度MailStoreを起動して「管理」の「Eメールと設定」が指定したフォルダになっていることを確認。
mailstore4

「Eメールのアーカイブ」で「デスクトップにショートカットを作成」をクリック

デスクトップのショートカットを自動で起動する状況にするためにタスクに設定。

「コントロールパネル」→「タスクのスケジュール」→「操作」→「基本タスクの作成」

名前を入力

taskm2

taskm3

taskm4

taskm5

↓ 「参照」でデスクトップに保存したメールアドレス名になっているMailStoreのアイコンを選択

taskm6

「完了」。これで指定した時刻になるとMailStoreが起動します。

taskm7

後は、指定された時刻に起動したMailStoreが起動するので、自動起動されたときに忘れずにアーカイブのプロファイルを選択してから「実行」をクリックすれば毎回忘れずにバックアップがとれます。

mailstore8

※「タスクスケジューラ」の詳細はマイクロソフトのページ

カテゴリー: Windows パーマリンク

コメントは停止中です。