セキュリティ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

仕事をする上でパソコン環境では当たり前のことですが、セキュリティが重要となります。

情報セキュリティとは、「情報の機密性、完全性及び可用性を維持すること。」と定義されていて、機密性(内緒にしたい内容を内緒にできること)、完全性(書き換えられたりせず、元のままの完全な状態であること)及び可用性(要求したときにすぐに使えること)を維持していくことです。

数人でLANを使っている場合には1台のトラブルが全体に波及する恐れがあります。

1台だけのパソコンを使っている場合でも、最低限、これだけは気を付けましょう。

  • パソコンにはセキュリティ対策ソフトをインストールしておくこと
    • セキュリティ対策ソフトの定義ファイル(パターンファイル)は随時最新にする。
      通常は常に最新のものをダウンロードする設定になっていますが、何かの問題で止まってしまうことがあります。ウイルス対策ソフトで何かメッセージが出ているような場合には、必ず確認しましょう。
    • ファイアウォールを使用する
      Windows ファイアウォールやウイルス対策ソフトなどのファイアウォールを使いましょう
  • ソフトは最新のものを使う
    • WindowsやOfficeなどのMicroSoft製品は、Windows Updateを必ず行い、常に最新にしておくこと
      通常は故意に止めなければ自動で実行されます。
    • その他のアプリケーションソフトも最新にしておくこと
      Acrobat Readerやそのほかのソフトでも自動でアップデートされるものもあります。アップデートするかどうかのメッセージがあったら必ず実行しましょう
      それ以外でもソフトは最新のものを使うようにしましょう。ソフトによっては製品のホームページでセキュリティ情報が書かれている場合もあります。
    • サポートが終了した古いソフトは使わない。古いソフトを使う時は確認する
      Windows XP や Office 2003 など、サポートが終了したソフトを利用すると、セキュリティホールと言ってウイルス対策ソフトでも対応しきれない問題点にぶつかる場合があります。使わないのが一番です
  • メールに関して
    • 心当たりのないメールは削除する
    • 知人や仕事先からでも心当たりのない添付ファイルは開かない
    • 心当たりのないメールには返信しない
      特に心当たりのないメールで「このメールを不要な方はこちらをクリック」や「こちらにメールしてください」などのメールに返信をしない
  • 怪しいサイトを閲覧しない、リンク先をクリックしない
  • 不要なソフトをダウンロードして使わない
  • パスワードを付ける必要のあるものにはわかりづらいパスワードを付ける
    自分だけ、社内だけでわかるようなパスワードのルールを付けて決めておく方法も便利です
  • 出入りの多いところで使うパソコンには、離席時にもパスワードがかかるようにPCにパスワードをかけておく
  • コンピュータを盗まれないように
    軽いノートPCなどは簡単に持って行かれてしまいます。ワイヤーロックなどで移動できないところにつなげておく事も考えましょう。
    パソコンセキュリティワイヤーロックにはこんなものがあります→

 


 
※無線LANを使っている場合には無線LANのセキュリティにも注意しましょう
Buffaloの無線LANの参考セキュリティページ→

※最近はスマホもビジネスに大活躍ですが、スマホのセキュリティ対策もしっかりしておきましょう。

Microsoftのセキュリティ参考ページ→

コメントは停止中です。