ドメインやレンタルサーバの契約期限を忘れずに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

「ホームページが表示されません。」
「メールの送受信ができなくなってしまいました。」

こんな連絡で、期限切れの場合が何回か続きました。

ほとんどの場合、特にドメインの契約などは1年単位です。
請求書が届いていることが気づかなかったり、カード払いでカードの期限が切れてしまっていたりすることがよくあります。
カードの期限は要注意です!

多くのサービスではメールで更新手続きの案内が届きます。
個人の場合には、プロバイダのメールアドレスで登録していて、プロバイダを変えてしまった、とか
法人の場合には、担当者が退職して、変更するのを忘れていた
というような場合が要注意です。

ドメインは早い者勝ちで名前をとるのが一般的な考え方です。
一度手放してしまって他の会社や個人に取得されてしまうと、もう使えなくなってしまいます。
見ているお客様は、今まで閲覧していたものだと思って違う会社になったことに気づかなかったり、
メールも新しい契約者に届いてしまったりすることになります。

最近では、使い続けていたドメインを取得したいと思っている人々がいて、期限切れと分かると、すぐにとられてしまうことも多くなっているようです。

ただ、契約が切れた後、一定期間は新しい人に契約されない期間があるので、気づいたらすぐに手続きをするようにしましょう。

とにもかくにも、サービス提供会社からの連絡をきちんと受け取れるようにしておくこと、契約期限を覚えておくようにしましょう。

また、トラブル時に対応のいいサービス会社を選ぶのもおすすめです。
今回トラブルがあったのは「名づけてねっと」での契約の方でした。名づけてねっとの対応が早く、とても助かりました。

 

ドメインほどでは大変にはなりませんが、レンタルサーバの契約期限切れにも注意しましょう。止められてしまうとホームページが表示されないだけではなく、ドメイン同様、メールの送受信ができなくなってしまいます。

安定したレンタルサーバーとしてはWebArenaがおすすめです。


参考
ドメインによって切れてしまった後に更新猶予期間や復旧猶予期間が異なります。
JPドメイン名のライフサイクル


カテゴリー: Windows パーマリンク

コメントは停止中です。